瞑想を極めたくて長時間のフライトに耐えてメッカリシケシ

壮健の教え子です。前年の10月に、インドのリシケシへ行ってきました。大阪からリシケシの最寄りの飛行場まで航空で約25チャンスかかり、飛行場からリシケシまでタクシーで約1チャンスかかりました。リシケシへ行った意味は本場のヨガを体験する結果で、1奴で行きました。身は女ですが、リシケシはインドの中でも意外と安全だと感じましたし、他の母親ツーリストも1奴で来ている奴が多かったです。リシケシにはアシュラムというヨガ道場が多く、そこでは年中寝泊りしてヨガを学べます。私もヨガ・ニケタンというアシュラムに2ウィーク寝泊りして、ヨガや瞑想を体験しました。街中にはヨガ講習もたくさんあるので、宿屋に泊まりながらヨガをすることも可能です。アシュラムではめしも3食ついていますが、昼めしは出先で摂ることが多かったです。私の一番大好きは、ガンガー・ビーチ・カフェです。ラクシュマン・ジュラー橋の東岸にあり、橋を渡って右側に曲がって少し行ったところにあります。靴を脱いで送れるイベントもあり、やはり展望が最高です。おすすめは果実サラダで、果てしなくおいしいですよ。リシケシはベジタリアンなので、肉やお酒を提供している食堂はありません。それでも、いつの食堂もプチや野菜の夕食がすごく美味しいので、更に不安にならなくてもいいと思います。また、リシケシにもガンジス川が流れていますが、水がきれいなので沐浴やラフティングをするツーリストもある。ヨガをしない奴でも大丈夫楽しめます。リシケシでの2ウィークは凄い充実していて楽しかったです。インドへ行くならリシケシは必要おススメです。この法律事務所