瞑想を極めたくて長時間のフライトに耐えて聖地リシケシ

元気の教え子です。昨年の10月に、インドのリシケシへ行ってきました。大阪からリシケシの最寄りの飛行場まで航空で約25期間かかり、飛行場からリシケシまでタクシーで約1期間かかりました。リシケシへ行った対象は本場のヨガを体験する結果で、1パーソンで行きました。俺は夫人ですが、リシケシはインドの中でもたいして安泰だと感じましたし、他の女ツーリストも1パーソンで来ているパーソンが多かったです。リシケシにはアシュラムというヨガ道場が多く、そこでは長年滞在してヨガを学べます。私もヨガ・ニケタンというアシュラムに2週滞在して、ヨガや瞑想を体験しました。世間にはヨガ実習もたくさんあるので、旅館に泊まりながらヨガをすることも可能です。アシュラムでは食べ物も3食ついていますが、昼飯は出先で摂ることが多かったです。私の一番宝物は、ガンガー・ビーチ・カフェです。ラクシュマン・ジュラー橋の東岸にあり、橋を渡って右手に曲がって幾らか行ったところにあります。靴を脱いで過ごせる催事もあり、何よりシーンが最高です。おすすめは果実サラダで、ひどく旨いですよ。リシケシはベジタリアンなので、肉やお酒を提供している食堂はありません。それでも、いつの食堂も耳よりや野菜の調理が果てしなく美味しいので、とにかく不安にならなくてもいいと思います。また、リシケシにもガンジス川が流れていますが、水がきれいなので沐浴やラフティングをするツーリストもいる。ヨガをしないパーソンでも可能楽しめます。リシケシでの2週はひどく充実していて楽しかったです。インドへ行くならリシケシは必須おススメです。過払い金返還請求に強い弁護士.net